難しいから専門家に相談したい

やさしい相続相談

難しいから専門家に相談したい

一言で「相続」言っても、その内容は人によって様々です。
相続する財産の内容や相続人の人数、遺言の有無等10人いれば10通りの相続があります。
中には、遺産相続の内容が複雑で相続人がすべての手続きをすることが難しい場合もあり、専門家に依頼するケースも少なくありません。
例えば、不動産の名義変更なら司法書士(場合により弁護士でも可能)、相続税の申告であれば税理士といった具合です。
しかし、専門家に依頼する場合でも、自分の相続の悩みに適していない専門家に頼んでしまうと、費用も時間も余計にかかる可能性がありますので注意しましょう。
では、実際に誰に頼めばよいのでしょうか。

ポイントは、専門家の業種や資格ではなく、相続に特化しているかどうかということです。
もし相続全般を一括して頼みたい場合は、相続に強い事務所を探すと良いでしょう。
インターネット等で調べると、相続手続き全般を代行しているところがたくさん出てきます。
事務所によってサービスや料金が違うので、いくつかピックアップして比較してから決める事が大事です。
同じ資格をもった専門家でも、得意分野はそれぞれなので必ずしもサービス内容が同じであるとは限らないのです。
自分は何について相談したいのかについて注目してみましょう。

従って、相続全般についてコンサルティングを受けたいと考えているのであれば、司法書士、税理士、などの観点だけで選ぶのではなく、どれだけ相続に専門的に特化しているかという点で判断し、またその事務所ごとのサービス内容を比較した上で決めることをおすすめします。