遺産を相続するための法的手続とは?

やさしい相続相談

遺産を相続するための法的手続とは?

遺産相続の手続きなんて、葬儀が終わった後に親族で集まって話をすれば数日で全て終わるだろうと安易に捉えている方も多いのではないでしょうか?
しかし実際は、被相続人の死亡後・葬儀後にしなければならない法的手続はたくさんあります。
そして、その手続きには期限があるということはほとんど知られていません。
しかし「知らなかった」では通用しないのが遺産相続の厄介なところです。

例えば、「遺産を相続するかどうか」という判断は、相続が開始したことを知ってから3ヶ月以内に行わなければなりません。
(故人がなくなった日ではないので注意してください。)
その判断をするのを忘れてしまった場合、もし仮に故人に借金があれば、その借金もそのまま相続人が受け継がなければならないのです。

ここでは、法的手続きとは何か、大まかな手続きの種類と期限をご紹介します。
その手続きの多さに驚きますが、手続きが多いことだけでも知っておくと、いざというときに慌てずに対応できますのでチェックしておきましょう。
※必要となる手続きや期限は法改正などにより変更になる場合があります。

①遺産相続の開始
②<3ヶ月以内> 遺言書があるかどうかの確認
③相続人の調査・確定
④財産(不動産・預貯金・株など)の調査
⑤相続の方法(相続放棄・限定承認など)の決定
⑥<4ヶ月以内> 被相続人の所得税の申告・納付
⑦<10ヶ月以内> 遺産分割協議書の作成
⑧遺産の名義変更手続き(不動産相続登記、預貯金の名義変更など)
⑨相続税の申告・納付

※1つ1つの項目の中にも、たくさんの細かい準備(手続きのための書類収集)や手続きがあります。